心理占星術 7ハウス 結婚・パートナーシップがテーマの人

今日は、初級クラスでハウスなどを読み解きました。

ハウスの中で皆様深く頷き、納得をされていたハウス

いくつかありますが 特に今日、多かったのは4ハウスと7ハウス。

4ハウスは実家や母親との関係、切ってもきれない縁

7ハウスは結婚、パートナシップがテーマの人です飛び出すハート

4ハウスというのは、実家や母親など自分のルーツやバックグラウンドを

表します。ここに何らかの天体が入っている人は

自分のご実家への関わりが大きく、実家の世話をしたり、されたり・・・

ご実家が金銭的な支援や家を支援してくれた人は

やはり実家との関係が切っても切り離せなくなり

ご実家とのつながりが深くなったり、

援助がなくとも、育ててくれた家への感謝や

親のお手伝いや介護をやらなければという使命に駆られます。

一方で、4ハウスに星がない人たちは、

実家ですか??年に1、2回行くかな?

とか、本当はあまり行きたくないんですけどね・・・

というようにあまり、実家へのこだわりがありません。

ただ、その分、自分の人生をしっかりと生きることができます。

4ハウスに星がある場合は、何かしらご実家からのことで

自由になれなかったり、実家に行かなくてはという義務感に

駆られたり、実家暮らしになったりと

自分の人生を100%で生きられなかったりすることがあります。

魂を成長させるには、自分のパターンに気づき

全てのことにニュートラルになることが必要です。

そして、7ハウスのパートナーシップの部屋に

天体がある場合。

ズバリ・・・

パートナーシップや結婚にテーマを持っています

例えば、太陽が7ハウスにあったりすると

私はどんな結婚をするかな?

どんな人と結婚するんだろう?

と小さな頃から夢を抱き、

いざというときに、この人はうーん結婚相手ではないかな?

とやめてしまい、婚期を逃し晩婚になる方も少なくありません。

また結婚をしても、相手へ求めるものが大きいので

不満が出てきたりします。

7ハウスは依存の部屋でもあるので、相手へ期待をしてしまうのでしょう。

また7ハウス火星があると戦う場所がパートナーになるので

家で旦那さんと戦ったりしてしまうことも起こり得ます。

7ハウスに天体があると、結婚や離婚やパートナーシップということが

課題になりますが、その期待や理想(依存)を下げることで

解決していきます。

自分が人より相手に求めているものが大きいことや

4ハウスのように実は人より、やり過ぎていることに

まずは気づくことが大切です。

そこから、意識が向きすぎることをニュートラルに戻していくことで

魂が成長し、人生が開花されていきますスター

image

音譜

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。